コンテンツへスキップ

迷いの詩

幼少の頃の想い出に多く影響を受けた象徴的で、また想像によって構成された風景の中に、私は懐疑の視線をもって見つめ、人間の行動の不条理さやその存在そのものに対する疑問を一つの物語のように紡いでいきます。

人々の生活と切り離せない風景、人間存在の脆さ不安定さが日頃演じられる堅牢な舞台としての風景、そこに定着された儚い営みの一瞬は、瞑想的な静寂と問いの一時を残していくでしょう。

Mitsuo Shiraishi signature